ビットコインの半減期

ビットコイン価格に影響を与えるイベントとして「半減期」があげられることがあります。

この記事では、「そもそも半減期とは何か」というところから、過去の半減期前後のビットコインの値動き・チャート・価格への影響まで、初心者の方に向けてわかりやすく説明します。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

ビットコインの半減期とは

ビットコインの半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分に減額されるタイミングのことです。とはいえ、これだけでは分かりにくいので、まずは「マイニング報酬」とは何かというところから説明していきます。

マイニング報酬が半分になる

そもそもマイニングとは

ビットコインのブロックチェーンでは、「ビットコインが誰から誰に送金された」という情報を一定数ごとにブロックにまとめて、それを繋げていくことで、過去の送金履歴を管理・保存しています。このブロックチェーン上に新しいブロックを1つ繋げるには、マイニングという作業が必要になります。

マイニングとは、一定の条件を満たす「ナンス」と呼ばれる数値をランダムに計算して見つけ出すという作業で、世界中からマイナー(コンピューター)がナンスを見つける計算に参加しています。誰かが条件を満たすナンスを見つけると、新しいブロックが1つ繋がり、ナンスを見つけた人はマイニング報酬をもらうことができます。ナンスはだいたい10分ごとに見つかる程度に条件の難易度が設定されているため、ブロックチェーンでは10分ごとに新しいブロックが追加されていきます。

マイニングによって送金履歴の改ざんを防いでいる

マイニングという仕組みが導入されている理由は、悪意を持った人物が過去の取引履歴を改ざんできないようにするためです。

もしも悪意を持った人物が、過去の取引情報を変更しようとすると、その後に繋がっているブロックの数だけ、このナンスを再度見つけ直す必要があります。そのためには膨大な計算リソースが必要となります。

ナンスは、世界中のマイナーが計算に参加して、ようやく10分ごとに見つけられるものです。それを悪意を持った人物が1人でブロックの数だけ見つけなおすというのは不可能に近く、よってビットコインの取引履歴を改ざんするのは現実的ではないのです。

マイニング報酬が存在する理由

上述の通り、ビットコインの送金履歴はマイニングという仕組みによって、改ざんから守られています。

しかし、ブロックを追加するたびにマイニングが必要になるということは、もしも誰もマイニング(ナンスを見つける計算)に参加してくれなければ、ビットコインのブロックチェーンには永遠に新しいブロックが追加されないことになります。言い換えると、ビットコインの送金情報が更新されないことになります。

それでは困るので、マイニングをしてナンスを見つけたマイナーにはマイニング報酬が与えらえる仕組みになっているのです。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

半減期の仕組み

ビットコインのブロックチェーンでは、21万ブロックごとに半減期が訪れ、マイニング報酬が半分に減額される設計になっています。概ね10分程度で1ブロックが生成されるため、ざっくりと約4年ごとに半減期が訪れる計算になります。

ビットコインのマイニング報酬は、半減期を迎えるたびに、以下のように半分になってきました。

  • 当初:50BTC
  • 2012年の半減期以降:25BTC
  • 2016年の半減期以降:12.5BTC
  • 2020年の半減期以降:6.25BTC

なぜ半減期が必要なの?

約4年ごとにマイニング報酬を減額する半減期が必要な理由は、大きく2種類あります。

発行枚数の上限に達しないようにするため

1つ目は、ビットコインの発行上限枚数に達しないようにするためです。

ビットコインの発行上限枚数には、2100万枚という決まりがあります。1ブロックごとに50BTCというマイニング報酬を続けていると、42万ブロック(およそ8年程度)でビットコインの発行上限枚数に達してしまい、マイニング報酬が得られなくなってしまいます。

この上限枚数に達するのを遅らせるために、21万ブロックごとにマイニング報酬を減額しているわけです。

需給バランスが崩れることを防ぐため

また、半減期には需給バランスが崩れることを防ぐという目的もあります。

次々とマイニング報酬によってビットコインが市場に供給されてしまうと、需給のバランスが崩れて、ビットコインの価値がどんどん下がってしまいます。定期的にビットコインの供給量(マイニング報酬)が減っていくという半減期は、このようなビットコインの価値低下の対策にもなっています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

半減期でビットコインの価格は上がる?

半減期でビットコインの価格が上がるかというテーマについては諸説があります。

半減期で価格が上がる派の主張

最も分かりやすい議論は、半減期でビットコインの供給量が減るのだから、半減期のたびにビットコインの価格は上がるはずだというものです。

この主張に基づいたモデルとしては、PlanBさんという仮想通貨インフルエンサーが提唱している「Stock-to-Flow (S2F)」というモデルが存在します。このモデルは、ストック・フロー比率(現在の量を年間の生産量で割ったもの)を使って、過去にさかのぼってビットコイン価格の過去の変動を高い正確性で予測したものです。

詳しくは、以下の記事で説明しています。

半減期で価格は上がらない派の主張

他方で、ビットコインの供給量よりも、世界的な金融緩和など他の要因の方がビットコインの価格に大きなインパクトを与えるため、半減期の価格に対する影響はそれほど重要ではないという主張もあります。

しかし、一部のトレーダーは、半減期は多くの人が期待するような強気の要因にはならないと語る。彼らは半減期は重要ではないと述べ、むしろ、前例のないFRB(連邦準備制度理事会)の金融政策など、今後数年の間にビットコイン価格を押し上げる可能性のある他のマクロ経済要因に注目している。

ビットコイン半減期は重要ではない:大手トレーダーの見解より)

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

過去の半減期後の価格・値動き

過去の半減期の前後の値動きをみると、おおむね半減期に向けてビットコインの価格が上昇するという特徴が見られました。

2012年の半減期

1回目の半減期は2020年11月28日でした。

11月1日時点で、約800円台で取引されていたビットコインは、半減期に向けて1000円程度まで上昇しました。その後も緩やかに価格の上昇は続き、年末には約1,150円に達しました。

2016年の半減期とチャート

2回目の半減期は2016年7月9日でした。

半減期1(CoinGeckoより)

このときは、半減期前にビットコインの価格が上がり、半減期後には一度価格が下落しています。

2020年の半減期とチャート

3回目の半減期は2020年5月でした。

半減期2

(CoinGeckoより)

このときも、半減期に向けてビットコインの価格は上昇しており、半減期後は一段落しています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

次の半減期はいつ?

ビットコインの半減期は21万ブロックごとに訪れるため、次回の半減期は2024年だと想定されています。その後も4年ごとに半減期が訪れた場合、2028年、2032年、2036年、2040年というふうに半減期を迎えることになります。

ただし、1ブロックが10分ごとに生成されるというのはあくまでも目安であるため、この想定通りに半減期が訪れるかどうかは分かりません。半減期を迎えるブロック数が近づいてくれば、予測の精度は高まっていくことになります。

まとめ

ビットコインの半減期とは、ビットコインのブロックチェーンにおけるマイニング報酬が半分に減額されるタイミングのことです。

ビットコインの半減期は21万ブロック(約4年)ごとに訪れます。過去には2012年、2016年、2020年に半減期を迎えており、次回は2024年だと想定されています。半減期がビットコインの価格に与える影響については諸説がありますが、過去の値動きでは、半減期に向けておおむねビットコインの価格が上昇する動きが観察されました。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

「仮想通貨・ビットコインの仕組み」に戻る

仮想通貨・ビットコインの仕組み

仮想通貨やビットコインとは、ブロックチェーン上で管理されているデジタル通貨のことです。仮想通貨やビットコインの技術的な基盤であるブロックチェーンや、仮想通貨の送金・決済、マイニングの仕組みを、初心者にも分かりやすく解説します。

「仮想通貨・ビットコインとは」を読む

「ビットコイン・仮想通貨入門」に戻る

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら