ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、コンセンサスアルゴリズムの一種です。

ブロックチェーンにおいては、取引データを承認してブロックに繋げる作業を行ったノードに対して、マイニング報酬等のインセンティブが与えられることが一般的です。プルーフ・オブ・ステークにおいては、そのブロックチェーンの仮想通貨保有量が多いノードに対して、優先的にブロック承認作業を行う権利が与えられます。

ビットコイン等のプルーフ・オブ・ワークを採用しているブロックチェーンでは、全てのマイナーノードが平等に扱われ、ブロックごとに一番最初に条件を満たすナンス値を見つけたノードにブロック承認作業を行う権利が与えられます。これには、誰がブロック承認作業を行うかを決めるために、毎回ナンス値を見つける7分程度の競争をしなければならないという点で、処理できるトランザクション数が限界に達しやすいというスケーラビリティの問題がありました。

プルーフ・オブ・ステークでは、仮想通貨保有量が多いノードに優先的にブロック承認作業を行う権利を割り当てることで、誰が承認作業を行うのかを決めるプロセスを簡易化して、スケーラビリティ問題を解消しています。仮想通貨保有量を基準んとする理由は、そのブロックチェーン上の仮想通貨をたくさん保有しているユーザーほど、承認作業の過程において不正をするインセンティブが低いと考えられるためです。(承認作業の過程で不正を行って、ブロックチェーンへの信頼が失われると、保有している仮想通貨の価値が下がって、自分自身が損をする)

メジャーな仮想通貨では、イーサリアムにおいて今後、現在のプルーフ・オブ・ワークから、プルーフ・オブ・ステークへ移行が予定されています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

  • なし

関連用語

  • ブロックチェーン
  • コンセンサスアルゴリズム
  • プルーフ・オブ・ワーク
  • プルーフ・オブ・コンセンサス
  • プルーフ・オブ・インポータンス
  • イーサリアム

用語集に戻る