ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)とは

プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)とは、ブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズムの一種です。

ブロックチェーンにおいては、トランザクション情報をブロックにまとめて繋いでいく作業を行うノードに対して、報酬が与えられるという仕組みが一般的です。

このとき、ビットコイン等が採用しているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)においては、各ノードが全て平等な存在として扱れるのに対して、プルーフ・オブ・インポータンスでは、各ノードの通貨保有量や取引回数、取引量などに応じて、それぞれのノードに重みづけがされるのが最大の違いです。

具体的には、プルーフ・オブ・ワークであれば、ナンス値をランダムな計算によって見つけるという計算大会に全てのノード(マイナー)が平等な条件で参加し、ナンス値を一番最初に見つけたマイナーが、ブロックを繋げる作業を行う代わりに報酬を得ることができます。これに対して、プルーフ・オブ・インポータンスでは、重要度が高いとされるノードに優先的にその作業を行う権利が割り振られます。

プルーフ・オブ・インポータンスには、毎回誰が承認作業を行うかを競争するプルーフ・オブ・ワークに比べると、承認作業を行うノードを速やかに決定できるため、スケーラビリティ問題が生じにくいというメリットがある一方で、重要度の高いノードに権限が集中していくことで、中央集権的な側面が生じやすいという懸念があります。

プルーフ・オブ・インポータンスを採用しているブロックチェーンとしてはネムが挙げられます。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

  • なし

関連用語

  • ブロックチェーン
  • コンセンサスアルゴリズム
  • プルーフ・オブ・ワーク
  • プルーフ・オブ・ステーク
  • プルーフ・オブ・コンセンサス
  • ネム

用語集に戻る