ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

マイニングとは

マイニングとは、ブロックチェーンにおいて、取引内容を承認して新たなブロックを生成し、取引を成立させる作業のことです。

具体的には、以下のような作業を指します。

  1. 送金主が本当にそれだけの仮想通貨を保有しているかを検証する
  2. 検証済みの送金情報をブロックにまとめて、以前までのブロックに繋ぐ

ブロックチェーンには銀行・会社のような特定の管理機関は存在しないため、マイナーと呼ばれる人たち(コンピューター)が、お互いのデータを常に検証し合いながら、正しい記録をチェーンのように繋いでいきます。このように、マイナーはみんなの代わりに過去の取引データを管理してくれている存在です。

これらのマイナーには、取引データを管理する代わりに、マイニング報酬というインセンティブが用意されています。

具体的には、ブロックを繋げるたびに、ナンス値という数値をみつける計算大会のようなことが行われており、それを最初に見つけたマイナーがマイニング報酬を得ることができます。このナンス値は方程式を解くことによって求めることはできず、ランダムに数値を代入してみては、条件を満たすかを検証する必要があります。この様子が、金などの財産を求めて地中を掘ってみる作業と似ていることから「マイニング」と呼ばれています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

  • なし

関連用語

  • ブロックチェーン
  • 仮想通貨
  • ビットコイン
  • マイナー
  • ナンス値

用語集に戻る