ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは、ブロックチェーンにおけるコンセンサスアルゴリズムの一種で、取引データをブロックチェーンに記録する際に、そのデータの正しさを「仕事量(Work)」によって証明する仕組みのことです。

具体的には、ナンス値という特別な数字を一番最初に見つけた人(マイナー)が、ブロックを生成して他のノードに報告する権利を獲得し、報酬が与えられる仕様です。ナンス値は、方程式を解くこと等によって見つけることはできないため、ランダムに数値を代入しては条件を満たすかを検証する必要があります。そのため、ナンス値を見つけるには高いコストを払って膨大な量の計算を行う必要があります。

過去のブロックに含まれるトランザクション(送金)の情報を改ざんすると、その後の全てのブロックについてナンス値を見つけ直す必要があります。これには膨大なコストが掛かるため、不正するインセンティブがありません。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、このように計算という仕事をブロックごとにさせることによって、取引情報の改ざんが難しい仕組みを実現しています。

なお、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用している仮想通貨には、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムなどがあります。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

  • なし

関連用語

  • ブロックチェーン
  • コンセンサス・アルゴリズム
  • マイニング
  • マイナー
  • ナンス値
  • トランザクション
  • プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)
  • プルーフ・オブ・ステーク(PoS)
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム

用語集に戻る