ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

サトシ・ナカモトとは

サトシ・ナカモトは、2008年にビットコインの仕組みの元となる論文を発表した人物です。

この論文は、インターネット上で匿名の論文として公表されましたが、翌年の2009年にはサトシ・ナカモトの指揮で、ビットコインのプロトコルやマイニングシステムが開発されたといわれています。

また、サトシ・ナカモトは2016年度のノーベル経済学賞にもノミネートされたものの、管理権限を譲り渡して表舞台から姿を消してしまいました。 日本人の名前をしていますが、日本人なのか、個人なのか組織なのか、サトシ・ナカモトに関する情報は全く分かっていません。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

  • なし

関連用語

用語集に戻る