ブロックチェーン技術の仕組み

仮想通貨・ビットコインを支えるブロックチェーン技術について理解したい、初心者の方へ。

この記事では、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳の仕組みについて、わかりやすく・詳しく説明しています。ぜひ最後までお読みください。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ひとことで言うと「台帳管理の仕組み」のことです。そして、この台帳で管理されているのが、仮想通貨であるビットコインや様々なアルトコインです。

ブロックチェーンには、ざっくりと以下のような特徴があります。

  1. 分散型の台帳管理である(複数人がそれぞれ台帳を管理・更新している)
  2. 更新分だけを台帳に追加していく

更新分だけを「ブロック」にまとめて台帳に追加していくので、「ブロックチェーン」と呼ばれています。

それでは、ブロックチェーンの仕組みについて詳しくみていきましょう。

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説

ブロックチェーンと台帳管理

お金の記録を管理する「台帳」

まずは、そもそもお金の記録は、どのように管理されるのかを考えてみましょう。

現金(紙幣や硬貨)であれば、実物があるので、そこにお金があると分かります。しかし、銀行に預けてあるお金などは、画面に残高が表示されるだけで、電子化されていますよね。このような場合、お金は基本的に台帳で管理されています

たとえば、「Aさんは20万円、Bさんは50万円を持っています」といった台帳データが銀行内で管理されています。そして、例えばAさんがBさんに10万円を口座間で送金したとします。すると、そのデータが記録され、Aさんの残高は10万円に、Bさんの残高は60万円に更新されます。

このように、誰がいくらお金を持っているかを把握するためには、基本的に台帳が管理・更新されていればよいことが分かります。

従来の金融機関は中央で台帳を管理している

従来の金融機関などは、こうした台帳を中央のサーバーで管理しています。

そして、ユーザーがインターネットバンキングやATMなどを利用すると、それらの機器が中央のサーバーと通信することで、残高を画面に表示したり、ユーザーの操作に基づいて残高を増減させたりしています。

この方法は、台帳を1つだけ管理・更新すればよいので、とても効率のよい台帳管理の方法ですが、いくつかの制約もあります。

  1. そもそも、台帳を管理している銀行を信頼しなければいけない
  2. 台帳データが消えたり、ハッキングなどで改ざんされると、誰がいくら持っているか分からなくなる

つまり、中央による台帳管理というのは、台帳の管理者を100%信頼することが前提となった仕組みだということです。

それでは、私たちは台帳の管理者を100%信頼できるのでしょうか?

銀行の台帳ではありませんが、2008年頃に国が年金記録を紛失していたことが判明した事件があったことを記憶されている方もいらっしゃるかもしれません。国(政府)ですら、大切なお金の記録を失くすことがあるわけです

ビットコインが誕生したのは2009年。ちょうど世界がリーマンショックを経て、金融機関への不信感を募らせていた時期でもあります。

こうした時期に、金融機関を信頼せずに価値を記録する解決策として生まれたのが、ブロックチェーンと仮想通貨ビットコインです。

分散型の台帳管理

ブロックチェーンは、銀行などのように中央で台帳を管理するのではなく、分散型の台帳となっています。言い換えると、台帳はどこかで1つ管理されているのではなく、参加者それぞれが台帳を管理・更新します

たとえば、先ほどの例であれば「Aさんが20万円、Bさんが50万円を持っている」という台帳を、AさんとBさんがどちらも持っていることになります。そして、一定時間ごとにお互いにその内容を確認しあいながら更新していきます。このとき、更新分(=ブロック)だけが新しく台帳に繋がっていく(=チェーン)ため、ブロックチェーンと呼ばれているのです。

なお、実際には、全ての参加者が台帳を持つと大変なので、マイナーと呼ばれる人たちだけが台帳を保有しています。PCさえあれば、誰でもマイナーになることができます。

また、さらに厳密にいうと「Aさんが20万円、Bさんが50万円」といった残高のデータは台帳には記載されていません。実際に記載されているのは、過去の送金履歴(AさんがBさんに10万円を送った)というものだけですが、それを全て遡ることができるため、誰がいくら持っているかを計算できるようになっています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

ブロックチェーン技術のメリット・デメリット

ブロックチェーンのメリット・デメリット

メリット:誰かを信頼する必要がなく、紛失・改ざんを防げる

誰か完全に信頼できる人がいれば、その人に台帳の管理を任せるのが一番良いでしょう。

しかし、上でも書いたように、国(政府)ですら、大事なお金の記録を失くすことがあるのが現実世界です。また、昨今は官僚による文書の改ざんも話題になりました。ブロックチェーンは、このように「誰も信頼できない」という前提で、台帳を管理するにはどうすれば良いかと考えて生み出されたソリューションです。

みんなそれぞれが台帳を管理して、常にお互いでずれていないかを確認しあう。ズレていれば、一番更新履歴が長く、多くの人が使っているものを正とする。一見すると面倒くさい台帳管理方法ですが、この方法であれば、誰か1人を信頼して台帳の管理を任せる必要はありませんし、誰かの管理している台帳1つが紛失・改ざんされても、残りの人たちが管理している正しい台帳がたくさんあるので、すぐに正しい内容をもらって、再度正しい台帳を復元することができます

メリット:海外送金などの複雑なプロセスが簡素化される場合がある

ブロックチェーンを活用すると、海外送金などの複雑なプロセスが簡素化される場合があります。

通常、海外送金においては、間にいくつもの銀行が入り、その都度手数料が引かれていきます。ブロックチェーンであれば、参加者同士で台帳を更新するだけですから、逆にプロセスが簡素化されます。

デメリット:無駄や非効率が多い

上で説明した通り、ブロックチェーン技術を用いると、大量の台帳が管理・更新されることになります。これらは全て、台帳の改ざん・紛失を防ぐためだけに行われており、ある意味で非効率であるとも考えられます。

仮想通貨やビットコインでブロックチェーンが用いられるのは、お金というとても大切な領域であり、国や金融機関への信頼が揺らいできた時代背景があったからです。

ある程度紛失を許容できるデータであったり、誰かを信頼できる状況であれば、無理をしてブロックチェーンを使う必要はないとも言えます。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

ブロックチェーン技術で管理される仮想通貨・ビットコイン

ブロックチェーンと仮想通貨

ブロックチェーンを用いて発行・管理されているのが仮想通貨・ビットコインです。

仮想通貨・ビットコインが改ざんに強いと言われているのは、ブロックチェーンという仕組みを採用しているからです。ビットコインは、あらかじめ2,100万枚という発行枚数の上限が決められており、それを変えることはできません。

また、発行されたビットコインはすべてブロックチェーン上の台帳に記載され、世界中のマイナーがその台帳を更新し続けています

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

「仮想通貨・ビットコインの仕組み」に戻る

仮想通貨・ビットコインの仕組み

仮想通貨やビットコインとは、ブロックチェーン上で管理されているデジタル通貨のことです。仮想通貨やビットコインの技術的な基盤であるブロックチェーンや、仮想通貨の送金・決済、マイニングの仕組みを、初心者にも分かりやすく解説します。

「仮想通貨・ビットコインとは」を読む

「ビットコイン・仮想通貨入門」に戻る

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら