ビットコインETFとは

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

そもそもビットコインETFとは

ETFとは

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、直訳すると「取引所でトレードできるファンド」となります。

ファンドとは「投資信託」のことで、ファンドマネージャー(運用者)にお金を預けて、代わりに資産運用をしてもらう金融商品です。この投資信託の持ち分を取引所に上場して、株のように取引できるようにしたものがETFです

通常の投資信託では、ユーザーがお金を預けるたびに、ファンドマネージャーは株を買います。そして、ユーザーが解約して引き出すたびに、ファンドマネージャーは株を一部売ってお金を返します。これでは取引コストが余計にかかってしまい、資産運用のパフォーマンスの悪化に繋がります。

そこで、ETFの登場です。ETFであれば、資産運用をやめたい投資家は、投資信託を解約する代わりに、その持ち分を資産運用をしたい他の投資家に売ればよいということになります。投資信託が解約されたわけではないので、ファンドマネージャーは、株を売って現金化して返す必要もありませんし、それに伴う不必要な取引コストも発生しません。

このように、ETFは投資信託と比べてコスト面で優れているため、近年大流行している金融商品となっています。

ビットコイン価格に連動するETF

ビットコインETFとは、ビットコイン価格に連動するようにファンドマネージャーが運用してくれるETFを指します。

具体的に、ファンドマネージャーが何をするかというと、預かったお金でビットコインの現物を買い付けて保管しておくだけです。そうすれば、当然ながらETFの価格は、ビットコインの価格に連動します。

「それだけ?」と思われるかもしれませんが、ビットコインがETFで取引できるようになると、大きく2種類のメリットがあります。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

ビットコインETFのメリット

ビットコインETFが取引できるようになると、どのようなメリットがあるかを紹介します。

取引の利益が譲渡所得になる

ビットコイン取引による利益は、現在、日本では「雑所得」として扱われます。一方で、ビットコインETFは金融商品なので、売買による利益は「譲渡所得」として扱われます。譲渡所得として扱われることには、大きく2つのメリットがあります。

税金が安くなる

譲渡所得(ETFの売買による利益)に対しては、所得税15%と住民税5%の合計20%の税金が掛かります。一方で、雑所得(ビットコインの売買による利益)に対しては、所得の額にもよりますが、最大で45%の所得税が掛かります(所得が4,000万円超の場合)。最大で、税金に倍近くの差が生じるのです

また、ETFの場合は特定口座であれば証券会社が勝手に納税をしてくれるので、自分で確定申告等の面倒な手続きを行う必要もありません

ビットコイン自体のように送金等に使えないといったデメリットもありますが、投資目的だけで考えた場合、納税の手間も少なく、税率も低いため、ビットコインETFでの取引は、ビットコイン自体の取引に対して、大きなメリットがあります。

株との損益通算が可能になる

譲渡所得は、譲渡損失と損益通算ができます。

例えば、ビットコイン価格が大きく下落した年があり、ビットコインETFで100万円の損失が出たとします。この年に、株では200万円の利益を出したとしましょう。譲渡所得同士であれば、これらを損益通算して、+100万円の譲渡所得について納税することができます。

しかし、ビットコイン自体を取引している場合は雑所得となるので、他の所得との損益通算はできません。つまり、株については200万円の利益に丸ごと課税されてしまうことになります。これはビットコインで儲けて、株で損をした場合でも同様です。

ビットコインETFが承認されることで、投資家は資産運用にビットコインを取り入れやすくなるのです。

機関投資家が投資しやすくなる

機関投資家がビットコインを購入したいと思ったときに、自分で秘密鍵やウォレットを管理するのは大変です。一方で、まだまだ発展段階にある仮想通貨取引所に、機関投資家が運用する巨額の資金を預けることはリスクを伴います。

このような理由から、機関投資家はビットコインに興味を持っていても、なかなか投資することができない場合があります。

しかし、ビットコインETFが取引できるようになれば、いつも通りに証券会社経由でETFを購入すればよいだけなので、機関投資家は簡単にビットコインに投資できるようになります。

年金ファンドなどに代表される機関投資家が運用するお金は巨額です。これらの資金の数%がビットコインに流れ込むだけで、ビットコイン価格は大きく上昇することが期待できます。そのため、ビットコインETFが承認されて取引できるようになることは、ビットコイン価格にとっても大きなプラスだと考えられています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

ビットコインETFには承認が必要

米国ETFはアメリカで承認される必要がある

アメリカの取引所に上場するためには、アメリカの米国証券取引委員会(SEC)に承認される必要があります。

SECは、過去に仮想通貨業界で詐欺的・価格操作的な行為・慣行があることに懸念を示しており、不法行為の防止策が十分ではないとしてビットコインETFを非承認としています。

日本で取引可能になるには、金融庁への届出も必要

米国ETFは、日本の証券会社でも米国株サービスを提供している会社であれば購入できます。

しかし、日本の証券会社が米国ETFを取り扱う場合には、米国ETFを発行している運用会社が金融庁に届け出る必要があります。

【2020年最新】ビットコインETFはいつ承認される可能性がある?

世界初のビットコインETF上場申請は、暗号資産取引所Gemini(ジェミニ)の共同設立者であるウィンクルボス兄弟によって行われましたが、SECはこれを却下しました。

その後、ETFの発行体としても知名度のあるProsharesやDirexionをはじめとして、GraniteSharesやVanEck、BitwiseなどもビットコインETFの上場申請を行いましたが、どれも承認されていません。

SECが示している懸念点

SECは、ビットコインETFを承認しない理由として、以下の2つの懸念点を示しています。

仮想通貨詐欺

仮想通貨業界では、詐欺が多数発生しています。

たとえば、将来性のある仮想通貨だといって、何の価値もない仮想通貨を売りつけてお金だけを持って逃げるといった詐欺があります。

こうした仮想通貨業界の問題点から、金融市場の投資家を守るため、仮想通貨ETFに慎重な姿勢をとっているようです。

価格操作

また、仮想通貨業界はまだまだ時価総額も小さいため、煽りや価格操作がしやすいのが現状です。

金融市場のお金が仮想通貨業界に流れ込めば、仮想通貨業界は盛り上がりますが、金融市場の投資家の中には価格操作の被害にあって損をする投資家も出てくるかもしれません。

こうした点も、SECがビットコインETFに慎重になる原因となっています。

ビットコインETFにとってポジティブな要素も

一方、SECの中にもビットコインETFの推進に意欲的な人物はいます。

たとえば、「クリプトママ」の愛称で知られているHester M. Pierce氏は、SECの承認却下に対して、「イノベーションを阻害する」等、異議を述べています。

実際、ビットコインETFが承認されないことで、手数料の高いビットコイン投資信託が登場しており、機関投資家がこちらを買い始めているという現状もあります。これは投資家にとっても、アメリカの金融市場にとっても損失に繋がります。このように、ビットコインETFが承認されないことによるデメリットが生じてくると、徐々にビットコインETFを求める声も広がってくるのではないでしょうか。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

まとめ

ビットコインETFとは、ビットコインに価格が連動するETFで、税制上のメリット・取引の容易さから、承認が待ち望まれています。

一方で、米国のSECはビットコインETFに対して、仮想通貨業界の詐欺や価格操作の多さに懸念を示して、まだ承認を出していません。そのため、ビットコインETFが承認される目途は立っていませんが、SECの中にもビットコインETFの重要性を訴える人物はいます。

仮想通貨業界の健全化が進み、ビットコインETFが承認されることは、多くの投資家に大きなメリットをもたらすでしょう。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

仮想通貨・ビットコインの今後に戻る

仮想通貨・ビットコインの今後

仮想通貨やビットコインを保有していると、今後や将来性が気になるでしょう。仮想通貨やビットコインの価格に影響を与える要素は様々です。どのようなニュースが価格に影響を与えるのかに加えて、暴落に備える方法についても学びましょう。

「仮想通貨・ビットコインの今後」に戻る

「ビットコイン・仮想通貨入門」に戻る

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら