ポイ活・仮想通貨・資産運用の用語

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨ウォレット(秘密鍵)をネットから遮断されたオフライン環境で保管することを指します。

コールドウォレットとは対照的に、仮想通貨取引所 ・外部のウェブサーバー上など、常にネットに接続されている環境に存在するウォレット(秘密鍵)のことを「ホットウォレット」と呼びます。

コールドウォレットは、送金時に都度オフライン環境で取引に電子署名した上で、インターネットに繋がっているコンピューター端末にそのトランザクションデータを運んで送金処理をしなければならないという手間が掛かりますが、インターネットから隔離されているため、ハッキングなどのリスクを軽減できます。

コールドウォレットには、主に「ハードウォレット」「ペーパーウォレット」の2つが存在します ハードウォレットは、自身の秘密鍵をオフライン環境のコンピューター端末で管理することで、ハッキングから守ることが可能です。 また、ペーパーウォレットは自身で秘密鍵を紙に書いて保管する方法で、最も安全だとも考えられますが、紙をなくしたりインクが染みて文字が読めなくなる危険性などに留意して保管する必要があります。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

関連記事

関連用語

用語集に戻る