ポイ活とは

日常生活の中で、買い物や食事、旅行などの場面でポイントが貯まる・使えることが増えています。このように上手にポイントを貯めて・使う活動は「ポイ活」と呼ばれています。一方で「ポイ活」にのめりこみすぎると、無駄遣いが増えたり、時間を消耗したりといったデメリットもあるため注意が必要です。

この記事では、いま話題の「ポイ活」について、基礎知識や上手なポイントの貯め方、「ポイ活」を実際にやるときの注意点まで、初心者の方に向けて丁寧に解説しています。ぜひ最後まで読んで、上手に「ポイ活」をはじめてください。

> ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「Cheeese(チーズ)」はこちら

そもそも「ポイ活」とは

「ポイントを貯める・使う活動」のこと

「ポイ活」とは、「ポイントを貯める・使う活動」や「ポイント活動」を略した言葉です。たとえば、コンビニで買い物をするときにポイントカードを提示してTポイントをもらったり、ネットショッピングで楽天ポイントなどのポイントをもらって、買い物などに使ったことがあるのではないでしょうか。「ポイ活」とは、このようにポイントを上手に貯めて・使うことで、お得に日々の買い物をしようという活動です。

ポイントはいろんな場面で使える

ポイントでお得に買い物

ポイントは、いろんな場面で使うことができます。ポイントごとに、提携店や加盟店などがあり、買い物をするときにお金の代わりにポイントで払うことができます。また、ポイントによっては、マイルやアマゾンギフト券などに交換することができる場合もあります。

ポイントが使える場面例

  • 買い物のときにポイントで支払う
  • プリペイドカードにチャージしてお金のように使う
  • マイルに交換して、飛行機の予約に使う
  • ポイントを投資に使う
  • 景品に交換する

「ポイ活」は怪しい?どうしてポイントがもらえるの?

まるでお金のように使えるポイントがもらえると聞くと「怪しい」と感じる方もいるでしょう。しかし、こうしたポイントが無料で配られるのには理由があります。

宣伝のためにポイントを配っている

ひとつは、宣伝のためにポイントを配っている場合です。たとえば、楽天のサービスを申し込んだり、楽天で買い物をすると「楽天ポイント」がもらえることがあります。これは楽天が、楽天のサービスを使ってもらうためにポイントを配っているわけですね。つまり、会社のマーケティング費からポイントが配られていることになります。

広告収益の一部をポイントとして還元している

ポイントサイトでは、広告収益の一部をポイントとして還元している場合も多いです。たとえば、ポイントサイトを経由してクレジットカードを申し込むとポイントがもらえます。この場合、クレジットカードの申し込みがあるたびに、そのポイントサイトがクレジットカード会社から広告費をもらっているため、広告収益の一部をユーザーにポイントとして還元しているということになります。

ポイントを上手にもらおう

このように、マーケティングや広告収益の一部をユーザーに還元するという形で、ポイントは配られています。そのため、どうせ買い物をしたり、サービスを申し込んだりするのであれば、ポイントがもらえる方法で行った方がお得です。上手に「ポイ活」をして、日々の生活をお得にしましょう

> ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「Cheeese(チーズ)」はこちら

「ポイ活」の始め方

ポイントにもいろんな種類がある!

ひとことで「ポイ活」といっても、様々なポイントがあります。まずは、どのポイントを貯めるのかを決めましょう。

Tポイント

Tポイント(ティーポイント)は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が提供しているポイントサービスです。元々はTSUTAYAを利用するともらえるポイントで、TSUTAYAでビデオをレンタルするときに使えるものでしたが、提携店や加盟店を次々と増やしたことで、今では多くの場所で貯める・使うことができます。

dポイント

dポイント(ディーポイント)は、NTTドコモが提供しているポイントサービスです。元々はドコモを使うと貯まり、携帯料金の割引などに使えるポイントでしたが、こちらも提携店や加盟店が増えたことで、多くの場所で貯める・使うことができます。

楽天ポイント

楽天ポイント(らくてんポイント)は、楽天グループが提供しているポイントサービスです。楽天カードなど、主に楽天グループのサービスを使うことでポイントを貯めることができます。楽天グループのサービスでの支払いなどに使うことが出来ます。

仮想通貨(ビットコイン)

ポイントではありませんが、ポイントの代わりに仮想通貨(ビットコイン)を配っているポイントサイトやアプリもあります。仮想通貨とは、デジタルに発行されている通貨で、その価格は日々変動しています。通常、ポイントは1ポイント=1円分のように、ポイントの価値は円と変わらないことが多いですが、仮想通貨の場合は、コツコツ貯めていけば、価格が上がっていく可能性もあるのが特徴です。もちろん、仮想通貨の価格が下がる場合もありますが、うまく価格が上がっていけば、ポイ活と仮想通貨の値上がりで、二重にお得になる場合もあります。

> ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「Cheeese(チーズ)」はこちら

ポイントを上手に貯める方法

買い物をするときにポイントカードを提示する

レジでポイントカードを提示

ポイントを貯める方法として、最も簡単なものは、買い物をするときにポイントカードを提示することです。

たとえば、ファミリーマートで買い物をするときに、レジでTポイントカードを提示すると、購入金額200円につきTポイントを1ポイントをもらうことができます。他にも、たとえばマクドナルドでは楽天ポイントやdポイントをもらうことができます。このように買い物をするときにレジでポイントカードを提示することで、ポイントを貯めることができます。

また、各ポイントサービスの公式アプリを使えば、ポイントカードを持ち歩かなくても、アプリ内のバーコードを提示することで、ポイントが貯められます。

> 「ポイ活」のおすすめアプリ・人気アプリはこの7種類!

還元率の高いクレジットカードを利用する

クレジットカード

還元率の高いクレジットカードを利用することもおすすめの「ポイ活」です。

クレジットカードの還元率とは

クレジットカードには、利用に応じてポイントが貯まるものがあります。たとえば、楽天カードであれば購入金額の1%に相当する楽天ポイントがもらえます。この場合、楽天カードの還元率は1%だということになります。

還元率の高いクレジットカードを利用しよう

上手にポイントを貯めるには、還元率の高いクレジットカードを使うことが大切です。たとえば、通常の買い物であれば楽天カードの還元率は1%ですが、楽天市場での買い物に楽天カードを使うと、最大で3%の還元率になります。楽天市場を頻繁に使う方は楽天カードを検討してみると良いでしょう。他にも、たとえば「Visa LINE Payクレジットカード」は初年度の還元率が3%です。つまり、クレジットカードをつくってから1年間は、どこで買い物をしても3%のLINEポイントが貯まるということです。

クレジットカードを作りすぎないように注意しよう

一方で、還元率が高いクレジットカードを探して、クレジットカードを作りすぎると、管理が大変になります。管理しきれずに支払いが遅れたりすると、クレジットカードの利用履歴にそのデータが残ってしまい、銀行からお金を借りにくくなってしまうこともあります。まずは、自分が貯めたいポイントがもらえるクレジットカードを1枚つくるのが基本です。還元率を意識しつつも、クレジットカードを作りすぎないようにしましょう。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトの利用

クレジットカード以外にも、ポイントサイトを使うことで、ポイントをお得に貯めることができます。

ポイントサイトとは

ポイントサイトとは、様々な方法でポイントがもらえる手段を提供しているサイトのことです。たとえば、ちょっとしたゲームで遊んだり、アンケートに答えることで少額のポイントがもらえます。また、ポイントサイト経由でサービスの会員登録をすることで数百円~数千円分のポイントがもらえたり、ポイントサイト経由でネットショッピングをすることで購入金額の数%分のポイントがもらえます。これらのポイントは、ポイントサイトが受け取る広告収益の一部をユーザーに還元する形で配られています。

ポイントサイトを経由するとポイントがもらえないか確認しよう

会員登録をする予定のサービスがあったり、ネットショッピングをする予定がある場合、それらを行うときにポイントサイトを経由するだけでポイントが貯まる場合があります。せっかくポイントサイトを経由するだけでポイントがもらえるのに、ポイントサイトを使わないのは、ポイントをもらうチャンスを逃していることになり、もったいないとも言えるでしょう。ぜひポイントサイトを有効活用してみましょう。

> ビットコインが無料でもらえるポイントサイト「Cheeese(チーズ)」はこちら

「ポイ活」のメリット・デメリット

「ポイ活」のメリット

お小遣い稼ぎになる

「ポイ活」のメリットは、上手に行えば、普段の生活がお得になることです。たとえば、普段の買い物をするときに、還元率の高いクレジットカードを使ったり、ポイントサイトを経由することで、購入金額の数%分のポイントが貯まれば、そのポイントをお小遣いのように自分の好きなことに使うこともできます。数%というと少ないと思われるかもしれませんが、1ヶ月に10万円程度の生活費が掛かっている場合、その1%でも1000円になります。ちりも積もれば山となるとは、まさにこのことです。

お金のリテラシーが上がる

普段の生活の中で、どのカードやウェブサイト・お店を利用するとお得に生活できるかを意識するようになると、お金のリテラシーが上がります。お金のリテラシーが上がり、「ポイ活」以外にも投資や節約、節税などに興味を持っていくと、さらに生活は豊かになっていきます。「ポイ活」は、お金に関する活動の入り口としては、簡単にはじめられるので最適です。

「ポイ活」のデメリット

ガッツリは稼げない

たとえば毎月10万円をがっつり稼ぐというイメージをされている場合、「ポイ活」では難しい可能性が高いです。「ポイ活」はあくまでも普段の生活をお得にするもの。コツコツと貯めると、毎月数千円~数万円程度のお得にはなるので、やったほうが良いことは確実ですが、副業のようなイメージをされている場合は「ポイ活」以外の手段を考えたほうが良いでしょう。

のめりこむとお金の無駄遣いが増える

「ポイ活」にのめりこむと、お金の無駄遣いが増えてしまうことがあります。普段の生活の中で上手にポイントを貯めるのが理想のポイ活ですが、ポイントを貯めるために、余計な買い物をしたり、必要のないサービスに申し込んだりすると本末転倒です。あくまでも、いつも通りの生活の中で、上手にポイントを貯めるということを意識してみましょう。

スマホ依存症になる可能性がある

空き時間や買い物ついでにコツコツとポイントを貯められるのが「ポイ活」の魅力ですが、上と同じくのめりこむと、他の時間にまでスマホでポイントを貯めたり・確認したりするようになってしまいます。日常の時間を消耗してまでポイントを貯める必要はありません。繰り返しになりますが、普段の生活の中で上手に貯めることを意識して、「ポイ活」だけに熱中しないようにしましょう。

まとめ

日常生活の中で、お得にポイントを貯めて・使える「ポイ活」は、上手にできれば毎日の生活がお得になります。ぜひ、クレジットカードやポイントサイトを利用して、上手にポイントを貯めてみましょう。

一方で、あくまでも「ポイ活」は日常生活の中で上手にポイントを貯めるというもの。あまりのめりこみすぎないように注意しましょう。

> ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「Cheeese(チーズ)」はこちら