仮想通貨の種類

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

著者:チーズマガジン編集部

チーズマガジンは、マネックスグループの100%子会社であるマネックスクリプトバンク株式会社の「チーズマガジン編集部」が執筆しています。当社では、ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリ「チーズ」を提供しています。

仮想通貨の種類を解説

2009年にビットコインが登場してから、その後を追って、様々なアルトコインが誕生しました。そのため、ひとことで「仮想通貨暗号通貨)」といっても、その種類は様々です。「仮想通貨の種類」では、ビットコインを始めとした、様々な仮想通貨を紹介しています。

ビットコインが無料でもらえるポイ活アプリCheeese

チーズのインストールはこちら

ビットコイン(BTC)

ビットコイン

ビットコインは、2009年にサトシナカモトの論文(ホワイトペーパー)から生まれたブロックチェーン上に存在する、世界最大の仮想通貨です。ブロックチェーン上に存在しているため取引履歴等の改ざんが難しく、また政府などが発行する日本円やドル等の通貨とは異なり、あらかじめ発行上限枚数が決まっており、誰もそれを変えることはできません。そのため、金(ゴールド)のような資産運用手段としても注目を浴びています。

ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨:ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックチェーンがハードフォークした結果、誕生した仮想通貨(暗号通貨)です。ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題を解決することを目的としており、ブロックサイズが8MBに引き上げられています。

イーサリアム(ETH)

仮想通貨:イーサリアム(ETH)

イーサ(ETH)は、ビットコインに次いで、2番目に時価総額の大きな仮想通貨(暗号通貨)で、イーサリアムというブロックチェーン上に発行されています。イーサリアムの最大の特徴は、ブロックチェーン上でプログラムを動かせる「スマートコントラクト機能」です。いわば巨大な分散型コンピューターだとも言えます。

イーサリアム・クラシック(ETC)

仮想通貨:イーサリアム・クラシック(ETC)

イーサリアム・クラシックは、イーサリアムからハードフォークして生まれたブロックチェーンおよび仮想通貨(暗号通貨)です。過去にイーサリアム・ブロックチェーン上で動くアプリケーションがハックされて大量のイーサが盗まれた事件があり、イーサリアムの参加者はそのハックを無効にする巻き戻しを決定しました。これに対して、恣意的な巻き戻しはブロックチェーンの思想にそぐわないとして反対した人たちが、事件の歴史も引き継ぐイーサリアム・クラシックを誕生させました。

リップル(XRP)

仮想通貨:リップル(XRP)

リップルは、リップル社が開発する仮想通貨(暗号通貨)および送金ネットワークです。P2Pネットワークではなく、銀行間の送金手続き等に用いられるコンソーシアムであることを前提としている点がビットコインなどの他の仮想通貨との最大の違いです。

モナコイン(MONA)

仮想通貨:モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)は、日本発のブロックチェーンおよび仮想通貨(暗号通貨)です。ライトコインをベースに、オープンソースで開発が行われています。特徴としては、セグウィットを導入して、トランザクションデータのサイズを縮小しています。

テザー(USDT)

仮想通貨:テザー(USDT)

テザーは、米ドルに価格が連動する、世界最大のステーブルコインです。テザー・リミテッド社が米ドルを担保にテザーを発行しているため、テザーはいつでも米ドルと交換できます。テザーは独自のブロックチェーンを持たず、現在は主にイーサリアムのブロックチェーン上にERC20トークンとして発行されています。

ネム(XEM)

仮想通貨:ネム(XEM)
ネム(NEM)は、2015年に誕生したブロックチェーンおよび仮想通貨(アルトコイン)です。エンジニアによる使いやすさを重視した設計となっており、決済・送金、トークンの発行などに加えて、デジタル文書の証跡を残すなどの用途でも用いることができます。

ベーシック・アテンション・トークン(BAT)

仮想通貨:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
ベーシック・アテンション・トークン(BAT)は、ウェブブラウザ「Brave」上で配布・送金される仮想通貨(暗号通貨)です。BraveとBATは、インターネット広告の在り方を問い直すプロジェクトです。デフォルトでインターネット広告のブロック機能が実装されており、その上でユーザーが自ら設定した場合のみ、ユーザーにブラウザから広告が表示され、ユーザーはその報酬としてBATを受け取ります。

ライトコイン(LTC)

仮想通貨:ライトコイン(LTC)
ライトコイン(LTC)は、2011年に誕生した仮想通貨(暗号通貨)です。ビットコインのコードをもとに開発されており、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するため、ブロック生成時間が約10分から約2.5分になるよう調整されていることに加えて、セグウィットなどの技術が用いられています。

リスク(LSK)

仮想通貨:リスク(LSK)
リスク(LSK)は、2016年に誕生した仮想通貨(アルトコイン)です。イーサリアムのように、スマートコントラクト機能が実装されており、分散型アプリケーションをブロックチェーン上で動かすことが可能です。

ステラールーメン(XLM)

ステラールーメン
ステラールーメン(XLM)は、2014年にリップルのコードをもとに誕生したブロックチェーンおよび仮想通貨(アルトコイン)です。個人間送金に利用されることを目的としています。

ファクトム(FCT)

仮想通貨:ファクトム(FCT)
ファクトム(FCT)は、2015年に誕生したブロックチェーンおよび仮想通貨(アルトコイン)です。様々な電子データや電子ドキュメントの記録・保管して、第三者機関の認証なしに記録を証明できる分散管理型プラットフォームを目指しています。

クアンタム(QTUM)

仮想通貨:クアンタム(QTUM)
クアンタム(QTUM)は、ビットコインとイーサリアムの良いとこどりを目指したブロックチェーン・仮想通貨(暗号通貨)です。

仮想通貨・ビットコイン入門に戻る

仮想通貨・ビットコイン入門

「仮想通貨・ビットコイン入門」に戻る